目の下のたるみ

■適応 目の下の「たるみ」、「しわ」、「くま」などのせいで、疲れたように見られたり、老けた印象を与えてしまうような場合に良い適応です。
■方法 局所麻酔で行います。目の下の“まつげ”から約2mm下を切開し、あまっている皮膚を取り除くことで、「たるみ」、「しわ」、「くま」がとれ目もとがスッキリします。

目の下のたるみ治療手順

脂肪を除去し、筋肉を引き上げます。さらに余った皮膚を除去し、たるみ、くま、しわを改善することができます。更に目の下の筋肉(眼輪筋)をつり上げる方法(マッスル・サスペンション法)や脂肪を除去する方法を組み合わせると、より若返った印象を与えます。表面を透明の糸で縫合し、抜糸は5~7日目でおこないます。
*目の下に皮膚のたるみがなく、目の下の脂肪が原因で“くま”のように見えている方は、皮膚の表面を切らずに、また抜糸の必要もないバックホール法がおススメです。こちら→目の下くま(バックホール法)
■施術後について 傷跡は睫毛に隠れますし、細かく縫いますので目立ちません。
■価格 目の下たるみとり(皮膚切除のみ) ¥378,000(両側)
目の下たるみとり(皮膚切除+マッスル・リフト) ¥432,000(両側)
目の下たるみとり(皮膚切除+マッスル・リフト+脂肪とり) ¥486,000(両側)

症例写真

施術前 施術後

BEFORE :施術前

AFTER :施術後1ヵ月

「たるみ」や「くま」が改善しています。目の下のマッスル・リフトにより、右目下にあったホクロがなくなり、左にあった“しみ”が上に引きあがっているのがわかります。傷跡はよくみてもわからなくなります。